papalog

はじめてみました
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ちび、LEGO TECHNICを組む
Mini Loader

LEGO TECHNICを買ってみた。
デュプロやスタンダードでなじみのポッチ方式ではなく、ビームとペグによるフレームワークのような組み立て方式を採用。しかも、ギヤやプーリー、シャフトといった心躍るパーツをもつ、ちょっと大人な雰囲気のシリーズだ。

ちびにはまだまだ早いかな、と思っていたのだけれど、実は我が家ではすでになじみが深いということに気がついた。ちびがはまり、いまもよく遊んでいるBIONICLEシリーズが、実はTECHNICと同じパーツでできてるから...。

ちびは最近やたらとギヤだとかメカだとかに興味を持っている。そのきっかけは、まあこの方だったりするんだけれど(体内に無数の歯車を持ってる...)、でも、どんなきっかけだろうと、動くしかけだとか、もののしくみとかに関心があるなら伸ばしたい(本当はそれを、デザゲのギヤボックスで見せるつもりだったんだけどね...ちびが寝てる間に組み上げちゃって大失敗...)。いろんな機構を再現できるTECHNICシリーズなら、興味や関心を伸ばすのにちょうどいいのではと思ったんだ。
調べてみると、リリースされるTECHNICシリーズのうち、国内で入手可能なモデルは限られているということがわかってきた。LEGOのカタログにはごくごく一部が掲載される程度だし、玩具店での扱いもあまりないのが現状らしい(原宿のキディランドでさえ取り扱ってなかった!!)。

ファンの方は、ネットで購入したり、専門ショップ(アウトレット)でまとめ買いとかされるようだけど、僕は幸いなことに、打ち合わせの帰りに立ち寄った銀座 博品館で見つけることができた。で、(懐具合の関係で)一番小さいこのミニローダー(#8418 Mini Loader)を買ったんだ。

月曜日、7時頃、公園から帰ってくると、ちびはもう起き出していた。大事をとってラジコンを諦めさせた分、この日、一緒にレゴを組む約束だった。待ちきれずに箱を開けて、僕の帰りを待ってたらしい。さっそく広げて、組み始める。いや、一緒に組む。そう、僕はこの日、ちびにチャレンジさせようと思っていた。僕はサポートに徹し、組み立てはちび自身にまかせたんだ。

パーツ
箱をあけるとこんな感じ。ビームやシャフトなどの構造材と、ギヤやペグなどの小パーツとがきちんと袋分けされている。
現行ラインナップ中最も小さいこのミニローダーで、パーツ総数は66ピース。1つ上のエクスカベーターで286ピースだから、ミニローダーがいかにこじんまりしたモデルかがわかる(最も大きなものだと1,800ピースなんてすごい世界になったりするんだ)。

説明書
箱の中には組み立て説明書が2つ同梱されている。TECHNICシリーズの各モデルは、ファーストモデルとセカンドモデルの2種類が組めるようにデザインされているんだ。写真の下が、このミニローダーのセカンドモデル。ホイルローダー風のデザインがまたいい。でも、今回はちびの選択で、箱絵と同じファーストモデルを作る。

組み立て_01
2つの袋を別々の缶にあけ組み立てスタート。励まし、持ち上げ、ちびの手に託す。
まずは説明書の見方から。これまでは、とにかくまっさきに一番気になるパーツを選りだして、気の向くままに組むばかりだったからね。説明書を見、缶の中から必要なパーツだけを取り出し、取り付け位置を確認してから組むという手順をまず教える。

組み立て_02
本人はまんざらではなさそう。一つ一つ、説明書のとおりにパーツがはまるたび、にこにこする。「できない」というところも励ましたりなだめたり。で、自分でできるたびに小さな達成感を味わっているようだ。
もちろん、パーツの合わせ方や力のかけ方といった面はまだまだ未熟。対象年齢7歳のモデルだから無理もない。途中で投げ出す方がよくないから、今回はあまり無理をさせず、早め早めでフォローする。

組み立て_03
今回の組み立ての1番の山場、ギヤの組み立て。開封直後、ちびがまっさきに飛びついた螺旋状のギヤを使うところだ。
ちびには「ぐるぐるしててマカロニみたいなギヤだね...」なんて話したのだけど、正しくはウォームギヤと言う種類のギヤで、ウォームホイールと呼ばれるもう一つのギヤ(写真には写ってません)と対で用いることにより、力の向きを90度変えることができるものだ。このミニローダーでは、お尻のつまみの回転を、バケットアームの上下動に変える働きをする。
(ちなみに、これはあとで奥さんに指摘されたのだけど、「マカロニみたいな...」というのも間違い。いろいろな説があってどれが正しいのかわからないけど、少なくともショートパスタの一種で、フィスリとかエリケとかいうものらしい...。適当なことを言っちゃいけないね...。反省...)

組み立て_04
ギヤをサンドイッチする形でビームを組み、車体部分が完成したところ。バケットアームも取り付けて、いよいよ完成間近だ。
写真では、ウォームギヤとアームの動きの関係を見極めようと真剣に見入っているように見えるけど、どうだろう...。ただ、いまはまだ理解できなくても、作用とその結果とが、手で触れたり、目で見て実感できるのはいいことだと思う。
この後、バケットをつけ、大好きなホイール(ホイールにゴムタイヤをはめるのは僕がやりました)を車体につけて、ミニローダーは完成した。

Mini Loader_02
Mini Loader_03
ウォームギヤ
完成したミニローダー。サイズは手のひらサイズ、部品点数も少ないけど、その分非常に洗練された、存在感のあるモデルになっている。

3枚はこのモデルの心臓部、ウォームギヤ部分のアップ。中央で90度立っている小さなギヤがウォームホイール。バケットアームの作動軸と同軸上にあって、右のつまみの回転をアームの上下動に変換する。
このモデルの機構部分はこれだけ、この1点だけ。でもいいんだ。ここに、エッセンスが詰まっている。これが第一歩...、ちびが自分で組んだ初めてのLEGO TECHNICだしね。

正直言うと、TECHNICシリーズについていろいろ調べる課程で、僕の方がこのシリーズにはまってしまった。こういうメカメカしいものに弱いんだ。
TECHNICシリーズは、有名なMIND STORMSシリーズと同じパーツを使っている。究極の動くモデル、ロボットが作れるシリーズだ。PCさえあれば、その動きをプログラミングすることもできる。
Macに対応していないし、敷居が高そうだし...。縁がないかな...と思っていたけど、いまは、低スペックながらWin機もあるし、自由に使えるギヤの数々が魅力でもある(高いけど...)。ちびがもっともっと大きくなって、興味があるようなら、いつか、手を出してみようかな。
まだまだ先の話だけどね...。


参考...
今回、TECHNICシリーズのラインナップや各モデルの内容について、mumuさんの「かわいいレゴずき」やUHAUHAさんの「Simple...」の記事を大変参考にさせていただきました。この場をお借りしてお礼を言うとともに、お二人のblog中でもっともインパクトのあったレビューにリンクさせていただきます。部品点数1,000点以上、空気圧シリンダーまでパーツに含むハイエンドの世界。こんなの見ると、ウォームギヤ1個にうっとりしてる場合じゃない...。

かわいいレゴずき「#8421 TECHNIC Mobile Crane 組み替え先に作るよ
Simple...「LEGO TECHNIC #8455 Backhoe Loader完成


Mini Loader_04


| toru | Gadget, Toy | 19:55 | comments(7) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:55 | - | - |
toruさんはじめまして。
トラックバックありがとうございます。
私の記事が参考になったようで嬉しいです。

#8418、小さいモデルなのであまり興味なかったのですが、なんだか欲しくなってきました(笑
toruさんの写真が上手だからでしょうか。私もテクニックを磨かねば。
| mumu | 2005/09/23 8:23 PM |
toruさん,はじめまして。

トラックバックありがとうございます。それにしても写真が綺麗に撮れてますね。

#8418は持っていまして,やはりウチのチビが作りました。十字のシャフトを差し込むときに子どもでは固い部分がありますね。

そうそう,また銀座 博品館に寄れるようでしたら,ぜひ東京駅地下にあるクリックブリック(レゴショップ)にも足を運んでみてくださいね。

う〜む,何かテクニックが作りたくなってしまいました。(笑)
| UHAUHA | 2005/09/23 8:57 PM |
mumuさん、UHAUHAさん、コメントありがとうございました。
お返事が遅れてすみません。
週末は、Macの前に座ると、4歳児の「LEGOのサイト行って!!」「タカラのサイト見せて!!」攻撃が激しくて、思うようにネットできないのです(いま一番のお気に入りはBIONICLEのサイトです ^_^)。

...とにかく、お二人のサイトは大変参考にさせていただきました。店に実物もなく、オフィシャルサイトは情報が少なく、また、MIND STORMS関連のサイトはたくさんあるのに、LEGO TECHNICに関するサイトは思いの外少なかったので...。
正直、これまでTECHNICシリーズについてはほとんど意識せず、露出の少なさから傍流のイメージが否めなかったのですが、おかげでLEGO TECHNICの世界の広がりやその楽しさについて知ることができました。ありがとうございました。TECHNICって、ちびだけでなく、おとなも一緒に、長くつきあえそうですね。

クリプリ...。レゴのアウトレットショップとして知ってはいましたが、ここまで店舗展開しているとは知りませんでした。以前1度、南町田店には行ったことがあります。
今回、とりあえず、通勤経路にある渋谷店を訪ねたところ、その規模の小ささにがっかりしました。東京駅地下のお店は大きいのでしょうか。お台場とかにもありますよね。
今度また、近場の南町田のお店を、ちびと一緒に訪ねてみたいと思っています(来月の目標は #8419 Excavator です)。

とにかく、いろんな情報をありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
| toru | 2005/09/26 9:00 AM |
どちらかと言うとTECHNICは大人向けですね。ぜひ大箱にも挑戦してみてください。

クリックブリックは渋谷店は行ったことがありませんが,東京駅地下の八重洲店もそれほど大きくありません。お台場に行けるのでしたら,そちらのほうがお勧めかと。

#8419 Excavatorもギアギミックが仕込まれていて良いですよ。
| UHAUHA | 2005/09/26 10:10 PM |
はじめまして。子供にいろんな種類のギヤを体験させてやりたくて、以前からLEGO TECHNICに興味を持っていたのですが今回ご紹介の(#8418 Mini Loader)のほかにも初心者にお勧めの商品がありましたら教えていただけないでしょうか?
また、BIONICLEもいろんな種類のギヤを用いて作れるのでしょうか?いきなり質問で恐縮ですがよろしくお願いいたします。
| mamahuhu | 2005/10/05 3:21 PM |
こんにちは。はじめまして。
この件、僕も始めたばかりなのであまり詳しくありませんが、現行のラインナップでは、単純にパーツ点数で言って、先述の #8419 Excavator http://www.lego.com:80/eng/create/technic/productPage.aspx?family=technic&productNumber=8419 がよいのではと思います。これでも、#8418 Mini Loader の4倍のパーツ数になりますが、ギヤの数も増え、ボディの旋回やアームの上下動など、ワクワクするようなギミックがたくさん盛り込まれています。おすすめです。

BIONICLEのギヤのギミックは、どちらかというとおまけと考えていただいた方がよいと思います。使われているギヤも多くありません。いろいろな形のギヤに触れ、動力を伝える仕組みに触れるならTECHNICの方が向いていると思います。でも、お子さんのお歳にもよりますね。うちの子はやはりまだBIONICLEの方が圧倒的に食いつきがよいです。

現在は入手が非常に困難なのでお話してもどうかと思うのですが、『レゴのしくみで遊ぶ本』(五十川芳仁 著、ソフトバンクパブリッシング 刊) http://isogawastudio.co.jp/legostudio/bookintroduction.html という素晴らしい本があります。いろんなギヤやプーリーといったLEGO TECHNIC(MINDSTORMS)のパーツを使い、動くしくみを一つ一つ学ぶことのできる本です。
残念ながらいまは絶版で、僕も喉から手が出るほど欲しいと思っていながらまだ入手できていません。でも、もし図書館などでみかけることがありましたらぜひ一度手にとってみてください。

ではでは。
| toru | 2005/10/06 10:14 AM |
toru様


ご親切なアドバイスありがとうございます。
レゴのしくみで遊ぶ本、は図書館にあるようですが
貸し出し中のことが多いらしく気長にまってみます。

私自身がメカ音痴のため基本的な動力の伝え方、歯車の
種類等まったく見当がつかないので、こういった知識を
何がしかの方法で手に入れたく思っていたところでした。
この本、早く借りたいものです。
以上簡単ですがお礼申し上げます。
| mamahuhu | 2005/10/11 12:25 PM |









http://papalog.jugem.cc/trackback/143
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ